業務内容 - 製紙原料・古紙回収リサイクル・機密書類回収処理

業務内容

古紙の再資源化

古紙リサイクル

株式会社前原紙業は再生可能なあらゆる古紙を回収集荷し、製紙原料として再資源化しています。

 

古紙リサイクル

 

製紙産業による古紙消費量は年間1,800万トン、 再生紙の古紙利用率は現在最大で約55%です。
この数字をさらに引き上げてゆくことが、より効率的な資源保全と循環型社会の構築に繋がります。
再生紙の強度や色などのさまざまな技術上の問題が改良されて行く事で、将来的に現在よりさらに精度の高いリサイクル形態が期待できます。

古紙の回収・持込受入

家庭古紙

一般家庭から出される古紙を、大小様々な規模・形態で集荷しています。

  • 古紙回収業者による持込
  • 学校PTAや自治会主催の資源回収
  • 行政による定期回収
  • 新聞販売店による古紙回収/他
主な回収物
  • 新聞紙新聞紙
  • 雑誌類雑誌類
  • 段ボール段ボール
  • 牛乳パック牛乳パック
  • ウエスウエス
  • アルミ缶アルミ缶

オフィス・事業系古紙

オフィス・製本工場や印刷会社、スーパーマーケットなど商業店舗から排出される古紙を回収しています。

  • 当社、または提携回収業者が定期的にお伺いします
  • 機密書類回収処理についてはこちらから
主な回収物
  • コピー用紙コピー用紙
  • 事務書類事務書類
  • パンフレットパンフレット
  • シュレッダーシュレッダー
  • 雑誌類雑誌類
  • 段ボール段ボール
  • 回収車両
  • 機密書類専用車

 

sharyo 01
回収車両

塵芥車・機密書類専用車・特殊架装車・等々、量や回収品目などあらゆる回収形態に柔軟に対応します。

  • 平車 12台
  • パッカー 12台
  • アームロール 2台
  • 大型 1台
  • その他 5台

古紙の分別にご協力ください

古紙の分別にご協力ください

一般家庭や工場から出されるもの、学校やオフィスからなど古紙の発生形態・種類はさまざまです。
きちんと分別された古紙は、資源保全やエネルギー消費の面からも効率よく紙再生資源として有効活用できます。

 

以下に示す「禁忌品」の混入は再生紙の製造時に大きな障害となってしまいます。
古紙を出される際には、禁忌品を取り除いて頂く様お願い致します。

禁忌品について詳しくはこちらリンク先:古紙再生促進センター

古紙回収のご依頼・お問い合わせはこちら

お電話、またはメールフォームにて承っております。お気軽にご相談ください。

Copyright© 株式会社前原紙業All Rights Reserved. login